※内緒でバラす!メディカルミノキ5がM字ハゲに効かない理由。

メディカルミノキ5とM字ハゲについて

メディカルミノキ5の購入を検討している人の中には、通称”M字ハゲ”で悩んでいる人もいると思います。

M字ハゲとは、前髪がM字状に後退していく薄毛の症状です。前髪というのは、他人と対面したら確実に視線に入ってくる箇所であり、嫌でも他人の視線にされされてしまいます。

「お前、M字じゃん!?」「アイツ、M字だよね!」と陰で揶揄されたり、面と向かって「M字!M字!」とからかわれ、辛酸を舐めている人もいるはずです。

一刻も早く克服したい”M字ハゲ”。今、話題のメディカルミノキ5でM字ハゲからの脱却を計ろうと考えている人もいると思いますが、

正直な話、M字ハゲにメディカルミノキ5はオススメしません。

当ページでは、M字ハゲの男性にメディカルミノキ5をオススメしない理由について解説します。

M字ハゲは、典型的なAGA(男性型脱毛症)の症状!

「M字ハゲ」と言うと、何か特別な症状、特別なハゲと捉える人がいますが、M字ハゲは、何も特別なハゲ、特別な症状ではありません。

M字ハゲというのは、前髪が後ろに後退していっており、たまたま生え際がM字状になっているだけの症状です。

前髪が後退している男性はたくさんいますが、中にはU字状に前髪が後退していっている人もいますし、逆U字状に後退していっている人もいます。前髪の生え際がM字状になっているからM字ハゲと呼ばれている、ただそれだけの事なのです。

M字ハゲに限らず、前髪が後ろに後退していっている人のほとんどはAGAです。AGAは、男性型脱毛症と呼ばれる男性特有の薄毛の症状の事です。英語でAndrogenetic Alopeciaとつづり、略してAGAと呼ばれています。

AGAで前髪が後退する理由・・・

AGAで前髪が後ろに後退する原因は、前頭部の毛乳頭にアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体と呼ばれる物質が存在するからです。

アンドロゲンレセプターは、活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)と結びつき、毛包を歪ませ、毛周期を狂わします。

ジヒドロテストステロン + アンドロゲンレセプター → 薄毛が進行

毛周期には、成長期、退行期、休止期、と呼ばれる3つの期間があるのですが、DHTの影響を受けて成長期が短くなり、逆に退行期、休止期が長くなります。成長期が短くなることで、本来であれば抜け落ちるはずのない毛が次々と抜け落ち、髪が薄くなってしまうのです。

活性型男性ホルモンと結びつくことで脱毛作用を働くアンドロゲンレセプターは、男性の頭部の前頭部と頭頂部に密集している傾向があります。

なので、AGAの症状は、前頭部と頭頂部に顕著に現れます。前髪が後退している人もいれば、前頭部が薄くなっている人もいます。頭頂部が局地的に薄くなっている人もいます。中には、前髪の生え際後退と頭頂部の薄毛が同時に進行している人もいます。

ハゲ方は人それぞれですが、前髪が後退していくのは明らかなAGAであり、男性ホルモンの影響を受けているということです。

M字ハゲにメディカルミノキ5をオススメしない理由!

M字ハゲは典型的なAGA(男性型脱毛症)であり、男性ホルモンが根本的な原因です。活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)とアンドロゲンレセプターとが結びついて薄毛が進行していきます。

AGAの進行を抑えるためには、その根本的な原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の発生そのものを抑制する必要があります。

使用する育毛剤には、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生そのものを抑制する効果が備わっているものを選ぶ必要があります。

ですが、メディカルミノキ5には残念ながら、ジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑制する効果は全くありません

メディカルミノキ5は、頭皮の血行、血流を促進する効果を備えた育毛剤です。ミノキシジルという医薬品成分を含んでいることで、頭皮の血行を促進することに特化した育毛剤です。

医薬成分であるミノキシジルが5%も配合されていることから、他の育毛剤と比較しても頭皮の血行促進効果は非常に高いです。

頭皮の血行不良が原因で抜け毛や薄毛に悩まされているのであれば、メディカルミノキ5を選択して正解です。

ですが、M字ハゲの根本的な原因は頭皮の血行不良ではなく、男性ホルモンです。活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)と前頭部の毛乳頭に存在するアンドゲンレセプターとが結びついて薄毛が進行するのです。

頭皮の血行を促進したところで、M字ハゲの根本的な解決にはならないのです。M字ハゲにメディカルミノキ5をオススメしない理由は、メディカルミノキ5を使用したところでM字ハゲの根本的な解決にならないからです。

M字ハゲの人が育毛剤選びで注意する事とは?

メディカルミノキ5を使用したところでM字ハゲの根本的な解決にはならないことが理解できたと思います。

M字ハゲをはじめとするAGA(男性型脱毛症)の症状で悩んでいる人は、使用する育毛剤にジヒドロテストステロン(DHT)の抑制効果があるものを選択する必要があります。

巷には様々な育毛剤が存在しますが、育毛剤でM字ハゲの改善を計るのであれば、ジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制する効果があるもの、抑制効果が高いものを使用するのが賢明な選択です。

DHTの抑制効果が高い具体的な育毛剤については、当サイトのこちらのページで詳しく解説しておりますので、本気でM字ハゲを克服したい人は一度参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする